在クウェート・シリア大使館再開は人道的理由(2014年12月30日)

クウェートのハーリド・ジャールッラー外務次官は、在クウェート・シリア大使館再開に関して、『ハヤート』(12月31日付)に、「バッシャール・アサド政権に接近していることを意味しておらず、在クウェート・シリア人15万人以上の人道状況を踏まえたものだ」と弁明した。

AFP, December 30, 2014、AP, December 30, 2014、ARA News, December 30, 2014、Champress, December 30, 2014、al-Hayat, December 31, 2014、Iraqi News, December 30, 2014、Kull-na Shuraka’, December 30, 2014、al-Mada Press, December 30, 2014、Naharnet, December 30, 2014、NNA, December 30, 2014、Reuters, December 30, 2014、SANA, December 30, 2014、UPI, December 30, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク