「モスクワ1」をめぐる動き:ロシア外務省が反体制活動家に招待状送付(2014年12月30日)

ロシア外務省は、シリアの反体制活動家約30人に対して、紛争解決に向けたシリア政府代表との交渉、いわゆる「モスクワ1」の招待状を送付した。

『ハヤート』(12月31日付)が入手した招待状によると、招待状には、「テロリストと戦うためにさらなる努力」を行うこと、ジュネーブ合意に基づく当事者どうしによる「前提条件なし」の対話の実施を呼びかけているが、同合意において樹立が求められていた「移行期統治機関」(移行期政府)については言及がない、という。

ARA News(12月30日付)によると、招待状が送られたのは以下28人:

ハーディー・バフラ:シリア革命反体制勢力国民連立代表(外)
アフマド・マアーッズ・ハティーブ:無所属、シリア革命反体制勢力国民連立元代表(外)
ハサン・アブドゥルアズィーム:民主的変革諸勢力国民調整委員会代表
サーリフ・ムスリム:民主連合党党首(外)
アーリフ・ダリーラ:民主的変革諸勢力国民調整委員会(外)
サミール・アティーヤ:民主的変革諸勢力国民調整委員会(外)
マジュド・ニヤーズィー:祖国シリア党(野党)
スハイル・サルミーニー:シリア国民青年党(野党)
バドル・ジャームース:シリア革命反体制勢力国民連立(外)
アイマン・アスファリー:シリア革命反体制勢力国民連立(外)
ランダ・カスィース:多元社会運動代表(外)(元シリア民主世俗主義諸勢力連立メンバー)
アブドゥルアハド・アスティーフー:シリア革命反体制勢力国民連立(外)
ファーティフ・ジャームース:平和的変革の道潮流代表
アブドゥルバースィト・サイダー:シリア革命反体制勢力国民連立前議長(外)
ナウワーフ・ムルヒム(および部族代表2人):シリア人民党書記長
マイス・クライディー:無所属(スワイダー県で活動を続ける活動家)
サラーフ・ダルウィーシュ:シリア革命反体制勢力国民連立前議長(外)
マーズィン・マグリビーヤ:シリアのための第三潮流代表
ムナー・ガーニム:シリア国家建設潮流副代表
ハイサム・マンナーア:民主的変革諸勢力国民調整委員会在外局長(外)
カドリー・ジャミール:人民意思党党首(外)
ワリード・ブンニー:無所属(元シリア革命反体制勢力国民連立)(外)
サリーム・ハイルベク:民主的変革諸勢力国民調整委員会
マイヤ・ラフビー:無所属(元民主的変革諸勢力国民調整委員会)
ムハンマド・ファーリス:シリア人初の宇宙飛行士、元自由シリア軍(外)

(外)は在外活動家。

AFP, December 30, 2014、AP, December 30, 2014、ARA News, December 30, 2014、Champress, December 30, 2014、al-Hayat, December 31, 2014、Iraqi News, December 30, 2014、Kull-na Shuraka’, December 30, 2014、al-Mada Press, December 30, 2014、Naharnet, December 30, 2014、NNA, December 30, 2014、Reuters, December 30, 2014、SANA, December 30, 2014、UPI, December 30, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク