アレッポ県、ハサカ県などでのダーイシュ(イスラーム国)、反体制武装集団、シリア軍、YPGの混戦続く(2015年6月4日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、反体制派に属する「戦闘軍団」がダーイシュ(イスラーム国)によって制圧されたスーラーン・アアザーズ町各所を迫撃砲で攻撃した。

この戦闘で、ダーイシュのバハレーン人司令官が死亡した。

反体制武装集団はまた、ウンム・クラー村のダーイシュ拠点を砲撃したが、この攻撃による死傷者は出なかった。

一方、同監視団によると、「戦闘機」(国籍、所属は明記せず)がタラーリーン村を空爆し、男性2人が死亡し、複数が負傷したという。

マーリア市近郊に位置するタラーリーン村は、ダーイシュと戦う反体制武装集団が集結していたという。

他方、SANA(6月4日付)によると、アレッポ市東部の航空士官学校一帯で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、マサール・プレス(6月5日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が県南東部のバトラー地方で反体制武装集団を要撃し、4人を殺害する一方、マハッサー地方では、反体制武装集団がダーイシュを要撃し、9人を殺害した。

一方、SANA(6月4日付)によると、東サラーム村、スルターニーヤ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、サフム・ジャウラーン村一帯で、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団とダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うヤルムーク殉教者旅団が交戦した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ハサカ市周辺とりわけ南部および南西部一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)が、6回にわたり自爆攻撃を行うなどして、攻勢を続け、国軍、国防隊と激しく交戦、双方が砲撃戦を行うなか、シリア軍が同地一帯を空爆した。

この戦闘でシリア軍兵士・国防隊隊員少なくとも27人が死亡、またダーイシュ戦闘員も20人以上が死亡した。

死亡したダーイシュ戦闘員のうち6人が自爆攻撃によるものだったという。

またハサカ市郊外での戦闘激化を受け、ハサカ市郊外で暮らす住民が市内に避難したという。

これに関して、ハサカ県のムハンマド・ズアール・アリー県知事は、シリア・アラブ・テレビ(6月4日付)に対し、ダーイシュがハサカ市周辺で12回にわたる自爆攻撃を行い、市内に潜入しようとしているが、シリア軍、国防隊がこれを撃退し、あらたな検問所を設置したと述べた。

また、SANA(6月4日付)によると、ハサカ市南部郊外のダーウディーヤ村、アフダース刑務所一帯を、シリア軍が空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、『ワタン』(6月5日付)は、ハサカ市郊外でのダーイシュの攻勢に関して社説で「ハサカ市を防衛するクルド人同胞の一部による怠慢」が原因だと主張、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊がシリア軍、国防隊と共闘しないことを暗に批判した。

社説ではまた、「一部のクルド人、そして彼らのなかにいる欧米の手先にとっての政治的・地域主義的野望とは、「地域」ないしは「自治区」なるものを作り、シリアとイラク領内に国家を建設することになる」と非難、「シリア分割計画」がシリア軍、国民を脅かしていると警鐘を鳴らした。

このほか、シリア人権監視団によると、シリア軍は、ダーイシュの主要拠点の一つシャッダーディー市に対しても激しい空爆を加え、ダーイシュ・メンバー多数が死亡した。

**

ダマスカス県では、クッルナー・シュラカー(6月4日付)によると、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ一帯で、シリア軍およびパレスチナ人民兵が、ダーイシュ(イスラーム国)などからなる反体制武装集団と交戦し、シリア軍側に数十人の死傷者が出た。

**

スワイダー県では、SANA(6月4日付)によると、フーシュ・ハマード村、マドゥール村、ラジャム・ダウラ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ロイター(6月4日付)は、トルコ高官筋の話として、ラッカ県タッル・アブヤド市周辺での西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊などユーフラテスの火山合同作戦司令室とダーイシュ(イスラーム国)の戦闘で、過去2日間で住民3,337人がトルコ領内に避難している、と伝えた。

**

米中央軍(CENTCOM)は、有志連合が現地時間の3日8時から4日8時までの24時間で、シリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して17回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は8回におよび、ハサカ市近郊、ラッカ市近郊、アイン・アラブ市近郊のダーイシュに対して攻撃が行われたという。

AFP, June 4, 2015、AP, June 4, 2015、ARA News, June 4, 2015、Champress, June 4, 2015、al-Hayat, June 5, 2015、Iraqi News, June 4, 2015、Kull-na Shuraka’, June 4, 2015、al-Mada Press, June 4, 2015、Masar Press Agency, June 4, 2015、Naharnet, June 4, 2015、NNA, June 4, 2015、Reuters, June 4, 2015、SANA, June 4, 2015、UPI, June 4, 2015、al-Watan, June 4, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク