ヌスラ戦線がアレッポ市内の反体制派警察詰所2カ所を襲撃(2015年8月30日)

アレッポ県では、『ハヤート』(8月31日付)などによると、ジハード主義武装集団の支配下にあるアレッポ市カッラーサ地区およびフィルドゥース地区では、シャームの民のヌスラ戦線が両地区シャリーア委員会の「要請」を受け、地区内の警察詰所2カ所を襲撃、強制捜査を行った。

この強制捜査は、詰所の所員が医師を名乗るヌスラ戦線に近い男性1人を逮捕したことを受けた対抗措置で、ARA News(8月30日付)によると、両地区のシャリーア委員会のヌスラ戦線の実質統制下にあるという。

ARA News, August 30, 2015

ARA News, August 30, 2015

 

AFP, August 30, 2015、AP, August 30, 2015、ARA News, August 30, 2015、Champress, August 30, 2015、al-Hayat, August 31, 2015、Iraqi News, August 30, 2015、Kull-na Shuraka’, August 30, 2015、al-Mada Press, August 30, 2015、Naharnet, August 30, 2015、NNA, August 30, 2015、Reuters, August 30, 2015、SANA, August 30, 2015、UPI, August 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク