ドイツのシュタインマイヤー外務大臣「我々は行動をもってアサドの独裁体制の蛮行を止めねばならない」(2015年10月1日)

ドイツのフランク=ヴァルター・シュタインマイヤー外務大臣は国連総会で一般討論演説を行った。

シリア情勢に関してシュタインマイヤー外務大臣は以下のように述べた。

「殺戮には終わりがない…。我々はそれをともに行動することによってのみ止めることができる。我々はアサドの独裁体制の蛮行を止めねばならない。我々はダーイシュ(イスラーム国)の支配を破壊しなければならない…」。

ハフィングトン・ポスト(10月1日付)が伝えた。

AFP, October 1, 2015、AP, October 1, 2015、ARA News, October 1, 2015、Champress, October 1, 2015、al-Hayat, October 2, 2015、Iraqi News, October 1, 2015、Kull-na Shuraka’, October 1, 2015、al-Mada Press, October 1, 2015、Naharnet, October 1, 2015、NNA, October 1, 2015、Reuters, October 1, 2015、SANA, October 1, 2015、UPI, October 1, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: その他 パーマリンク