イラン革命防衛隊クドス軍団のソレイマーニー司令官がラタキア県、アレッポ市のイラン人、イラク人民兵を視察(2015年10月18日)

ムラースィル・スーリー(10月18日付)は、イラン・イスラーム革命防衛隊クドス軍団のガーセム・ソレイマーニー司令官が、ラタキア県郊外のイラン人民兵の拠点を視察した後、17日にアレッポ市に入り、同市南西部のラームーサ地区、軍士官学校一帯の前線を視察、同地に駐留するイラク人民兵組織「イラクの高潔なる者たちのヒズブッラー」のメンバーらと面談したと伝え、その写真を公開した。

スレイマーン司令官は、AKI(2015年3月14日付)などによると、シリア国内での革命防衛隊の活動を統括している、という。

Murasil Suri, October 18, 2015

Murasil Suri, October 18, 2015

Murasil Suri, October 18, 2015

Murasil Suri, October 18, 2015


AFP, October 18, 2015、AP, October 18, 2015、ARA News, October 18, 2015、Champress, October 18, 2015、al-Hayat, October 19, 2015、Iraqi News, October 18, 2015、Kull-na Shuraka’, October 18, 2015、al-Mada Press, October 18, 2015、Murasil Suri, October 18, 2015、Naharnet, October 18, 2015、NNA, October 18, 2015、Reuters, October 18, 2015、SANA, October 18, 2015、UPI, October 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

 

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク