ハマー県でアル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」が「カフルヌブーダ作戦司令室」を結成(2015年10月19日)

シャーム・ネット(10月19日付)によると、ハマー県で活動する複数の反体制武装集団がロシア軍の空爆によって勢いづくシリア軍に対抗するため、「カフルヌブーダ作戦司令室」を結成した。

カフルヌブーダ作戦司令室に参加したのは、第6旅団、ガーブの鷹連合、戦闘救済戦線、第111連隊、イスラーム軍、スンナ軍、中部師団、第101師団、シャーム自由人イスラーム運動、ミンハージュ・ヌブーワ旅団、スムード戦線、シャーム戦線。

AFP, October 19, 2015、AP, October 19, 2015、ARA News, October 19, 2015、Champress, October 19, 2015、al-Hayat, October 20, 2015、Iraqi News, October 19, 2015、Kull-na Shuraka’, October 19, 2015、al-Mada Press, October 19, 2015、Naharnet, October 19, 2015、NNA, October 19, 2015、Reuters, October 19, 2015、SANA, October 19, 2015、Shabaka Sham, October 19, 2015、UPI, October 19, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク