ケリー米国務長官はシリア紛争への対応を協議するため、米・ロシア・サウジ・ヨルダン・トルコによる会議を提案(2015年10月19日)

ジョン・ケリー米国務大臣は、訪問先のスペインの首都マドリードでの記者会見で、「シリアを完全に破壊し尽くさない」ため、米、ロシア、サウジアラビア、ヨルダン、トルコによる会議の開催を検討していると述べた。

『ハヤート』(10月20日付)が伝えた。

これに関して、タス通信(10月19日付)はロシア外交筋の話として、米、サウジアラビア、ロシアが近く、オーストリアの首都ウィーンで外相級会合を開き、シリア情勢への対応について協議すると報じた。

AFP, October 19, 2015、AP, October 19, 2015、ARA News, October 19, 2015、Champress, October 19, 2015、al-Hayat, October 20, 2015、Iraqi News, October 19, 2015、Kull-na Shuraka’, October 19, 2015、al-Mada Press, October 19, 2015、Naharnet, October 19, 2015、NNA, October 19, 2015、Reuters, October 19, 2015、SANA, October 19, 2015、UPI, October 19, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク