シャームの民のヌスラ戦線に近いサウジアラビア人説教師はジュンド・アクサー機構のファトフ軍脱退の理由に疑義(2015年10月25日)

シャームの民のヌスラ戦線に近いサウジアラビア人説教師のアブドゥッラー・ムハイスィニー氏(ジハード布教者センター代表)は、ジュンド・アクサー機構のファトフ軍からの脱退に関してインスタグラムで、一部の武装集団がスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表の停戦イニシアチブを受け入れようとしていたとのジュンド・アクサー機構の非難は当たらないと述べるとともに、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘が強要されたとの主張についても強要はなされていないと反論した。

AFP, October 25, 2015、AP, October 25, 2015、ARA News, October 25, 2015、Champress, October 25, 2015、al-Hayat, October 26, 2015、Iraqi News, October 25, 2015、Kull-na Shuraka’, October 25, 2015、al-Mada Press, October 25, 2015、Naharnet, October 25, 2015、NNA, October 25, 2015、Reuters, October 25, 2015、SANA, October 25, 2015、UPI, October 25, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク