ハサカ市南部でアラブ人部族が「砂漠の鷹旅団」を新たに結成し、シリア民主軍に参加(2015年11月8日)

ARA News(11月8日付)によると、ハサカ県ハサカ市南部郊外で活動するアラブ人部族の若者らが、ダーイシュ(イスラーム国)に対して武装闘争を行うため、新たな民兵組織「砂漠の鷹旅団」を結成し、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に参加すると発表した。

AFP, November 8, 2015、AP, November 8, 2015、ARA News, November 8, 2015、Champress, November 8, 2015、al-Hayat, November 9, 2015、Iraqi News, November 8, 2015、Kull-na Shuraka’, November 8, 2015、al-Mada Press, November 8, 2015、Naharnet, November 8, 2015、NNA, November 8, 2015、Reuters, November 8, 2015、SANA, November 8, 2015、UPI, November 8, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク