シリア人権ネットワークはシリア軍の樽爆弾で10月だけで69人が死亡したと発表、一方、5日に有志連合が空爆を実施したブーカマール市での犠牲者は71人(2015年11月8日)

シリア人権ネットワークは、シリア軍による「樽爆弾」での空爆の被害について、10月1ヶ月間での犠牲者が69人にのぼったとする報告書を発表した。

シリア人権ネットワークによると、シリア軍は10月の1ヶ月間で1,438発の「樽爆弾」をシリア各地に投下、子供9人、女性8人を含む69人が犠牲となったという。

一方、有志連合の合同司令部は6日、11月5日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は9回、フール町近郊(3回)、ハサカ市近郊(2回)、ブーカマール市近郊(4回)のダーイシュに対して攻撃が行われた。

なお、シリア人権監視団によると、5日には、ダイル・ザウル県ブーカマール市各所を戦闘機(所属不明)が空爆し、死者数が71人(うち民間人31人、身元不明者18人)が死亡した。

同監視団によると、空爆は、ブーカマール市中心街の市場内に設置されたダーイシュの本部に対して行われたため、民間人の犠牲者が多く出たという。

この空爆に関して、クッルナー・シュラカー(11月6日付)は、ロシア軍によるものだとしたうえで、ダーイシュの戦闘員は1人も死亡しなかったと伝えた。

 

しかし、その後、クッルナー・シュラカー(11月12日付)は、複数の消息筋の話として、ブーカマール市に対するこの空爆がシリア軍によるものだと伝えた。

AFP, November 8, 2015、AP, November 8, 2015、ARA News, November 8, 2015、Champress, November 8, 2015、al-Hayat, November 9, 2015、Iraqi News, November 8, 2015、Kull-na Shuraka’, November 8, 2015、November 12, 2015、al-Mada Press, November 8, 2015、Naharnet, November 8, 2015、NNA, November 8, 2015、Reuters, November 8, 2015、SANA, November 8, 2015、UPI, November 8, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク