ヒムス県ハウラ地方で活動する複数の武装集団が「隊列密集」作戦司令室を新たに結成(2015年11月9日)

ヒムス県ハウラ地方で活動する複数の武装集団はビデオ声明を出し、「隊列密集」作戦司令室の名で新たな連合組織を結成すると発表した。

「隊列密集」作戦司令室に参加したのは、イスラーム軍ワラー・ワ・バラー旅団、アルバード・ブン・サーリヤ大隊、フサイン特殊任務大隊、殉教者アブー・ハッサーン大隊、殉教者シャーディー・カースィム大隊、イバード・ラフマーン大隊、シャーム軍団(アンサール旅団)、ヒムス解放運動(殉教者ムハンマド・サーヒブ大隊)、殉教者アブー・サアド大隊、ウマル・ファールーク大隊、アースィファート旅団(死の中隊大隊)、ハドラー大隊、ハーリド・サイフッラー大隊、ムハージリーン大隊、真理の剣大隊。

AFP, November 10, 2015、AP, November 10, 2015、ARA News, November 10, 2015、Champress, November 10, 2015、al-Hayat, November 11, 2015、Iraqi News, November 10, 2015、Kull-na Shuraka’, November 10, 2015、al-Mada Press, November 10, 2015、Naharnet, November 10, 2015、NNA, November 10, 2015、Reuters, November 10, 2015、SANA, November 10, 2015、UPI, November 10, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク