アレッポ県北部の「安全保障地帯」西部でYPG主体のシリア民主軍がヌスラ戦線らと交戦(2015年12月13日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、米トルコが設置合意した「安全地帯」西部に位置するカシュタアール村一帯で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

またロシア軍と思われる戦闘機が同地域内のタッル・リフアト市、ダイル・ジャマール村、マーリキーヤ村、マルアナーズ村、バラーギーダ村、シャイフ・リーフ村一帯を空爆した。

AFP, December 13, 2015、AP, December 13, 2015、ARA News, December 13, 2015、Champress, December 13, 2015、al-Hayat, December 14, 2015、Iraqi News, December 13, 2015、Kull-na Shuraka’, December 13, 2015、al-Mada Press, December 13, 2015、Naharnet, December 13, 2015、NNA, December 13, 2015、Reuters, December 13, 2015、SANA, December 13, 2015、UPI, December 13, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク