トルコのエルドアン大統領は米・ロシアによるシリアでの敵対行為停止合意を「テロ組織(YPG、PYD)のための回廊」を作る計画と非難(2016年2月28日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は記者会見で、米・ロシアによるシリアでの敵対行為停止合意の発効に関して「シリアを三つの地域に分割しようとするこの計画を皆が懸念している」と述べた。

エルドアン大統領はその理由として「なぜなら一部の者が、シリア北部に回廊を作り、人民防衛隊、民主連合党の手に渡そうとしていることを支援しているからだ…。我々はこうした回廊の設置を許さない。我々はこの点に関して自分たちに課せられた義務を遂行する。テロ組織のためのこうした回廊が存在することは、我々にとって問題であり脅威だ」と述べた。

AFP, February 28, 2016、AP, February 28, 2016、ARA News, February 28, 2016、Champress, February 28, 2016、al-Hayat, February 29, 2016、Iraqi News, February 28, 2016、Kull-na Shuraka’, February 28, 2016、al-Mada Press, February 28, 2016、Naharnet, February 28, 2016、NNA, February 28, 2016、Reuters, February 28, 2016、SANA, February 28, 2016、UPI, February 28, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.