ロシア国防省はシリア国内での任務中に重傷を負ったロシア軍兵士が死亡したと発表(2016年6月17日)

ロシア外務省は、ヒムス県で、人道支援物資を輸送するロシアの支援チームの車輌に警護のために随行していたロシア軍兵士1人(ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センター付の兵士)が6月15日に、自爆攻撃に巻き込まれ負傷し、死亡したと発表した。

ロイター(6月17日付)によると、負傷したロシア軍兵士はロシアに搬送され、モスクワで治療を受けていたという。

AFP, June 17, 2016、AP, June 17, 2016、ARA News, June 17, 2016、Champress, June 17, 2016、al-Hayat, June 18, 2016、Iraqi News, June 17, 2016、Kull-na Shuraka’, June 17, 2016、al-Mada Press, June 17, 2016、Naharnet, June 17, 2016、NNA, June 17, 2016、Reuters, June 17, 2016、SANA, June 17, 2016、UPI, June 17, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク