アサド大統領はイマード・ムハンマド・ディーブ・ハミース電力大臣を新首相に任命(2016年6月22日)

アサド大統領は2016年法令第187号により、イマード・ムハンマド・ディーブ・ハミース氏を首相に任命した。

ハミース氏の首相任命は、2016年4月13日に投票が実施された第2期人民議会選挙を受けたもの。

ハミース新首相は、1981年、ダマスカス郊外県生まれ。ダマスカス大学で電気工学の学士号、修士号を取得。ダマスカス電力公社、電力省などの勤務を経て、ダマスカス郊外県電力公社事務局長(2005~2008年)、電力供給投資機構事務局長(2008~2011年)を務めた。

2011年以降は、電力大臣を務めてきた。

所属政党はバアス党(1977年入党)で、2013年以降、シリア地域指導部メンバーを務めるほか、技師組合メンバーでもある。

SANA(6月22日付)が伝えた。

SANA, June 22, 2016

SANA, June 22, 2016

AFP, June 22, 2016、AP, June 22, 2016、ARA News, June 22, 2016、Champress, June 22, 2016、al-Hayat, June 23, 2016、Iraqi News, June 22, 2016、Kull-na Shuraka’, June 22, 2016、al-Mada Press, June 22, 2016、Naharnet, June 22, 2016、NNA, June 22, 2016、Reuters, June 22, 2016、SANA, June 22, 2016、UPI, June 22, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク