イランは緊張緩和地帯での停戦監視のために軍の人員を派遣する意思を表明(2017年5月30日)

イラン外務省報道官は、アスタナ4会議でロシア、トルコ、イランが署名・発効した「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」に関して、イランがシリア国内の緊張緩和地帯での停戦監視のため軍の人員を派遣する用意があると述べた。


AFP, May 30, 2017、AP, May 30, 2017、ARA News, May 30, 2017、Champress, May 30, 2017、al-Hayat, May 31, 2017、Kull-na Shuraka’, May 30, 2017、al-Mada Press, May 30, 2017、Naharnet, May 30, 2017、NNA, May 30, 2017、Reuters, May 30, 2017、SANA, May 30, 2017、UPI, May 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

Contents