ダーイシュの戦果を喧伝するアアマーク通信社の創設者の一人が有志連合の爆撃で死亡(2017年5月31日)

フザイファ・アブー・ヤマーンを名乗る活動家は、自身のフェイスブックのアカウントで、ダーイシュ(イスラーム国)の戦果を喧伝するアアマーク通信創設者の一人で兄弟のライヤーン・ミシュアル氏とその娘が、ダイル・ザウル県マヤーディーン市に対する有志連合の空爆で死亡したことを明らかにした。

クッルナー・シュラカー(5月31日付)が伝えた。

Facebook, May 31, 2017

AFP, May 31, 2017、AP, May 31, 2017、ARA News, May 31, 2017、Champress, May 31, 2017、al-Hayat, June 31, 2017、Kull-na Shuraka’, May 31, 2017、al-Mada Press, May 31, 2017、Naharnet, May 31, 2017、NNA, May 31, 2017、Reuters, May 31, 2017、SANA, May 31, 2017、UPI, May 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク