ロジャヴァを主導するPYDのムスリム共同党首はイラク人民動員隊のシリアへの進攻を拒否(2017年6月29日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)を主導する民主統一党(PYD)のサーリフ・ムスリム共同党首は、ニナワ県を西進し、対シリア国境地帯に到達したイラクの人民動員隊に関して、シリア領内に進攻しないよう警告した。

ムスリム共同党首は「人民動員隊の居場所はイラクで、シリアではない。彼らはイラク領内の自分たちの両地で何を決定しようと自由だが、彼らはシリアと無関係だ」と述べた。

クッルナー・シュラカー(6月29日付)が伝えた。

AFP, June 29, 2017、AP, June 29, 2017、ARA News, June 29, 2017、Champress, June 29, 2017、al-Hayat, June 30, 2017、Kull-na Shuraka’, June 29, 2017、al-Mada Press, June 29, 2017、Naharnet, June 29, 2017、NNA, June 29, 2017、Reuters, June 29, 2017、SANA, June 29, 2017、UPI, June 29, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク