ラフマーン軍団は対立を解消したはずのイスラーム軍が東グータ地方で攻撃を受け続けていると非難(2017年8月8日)

ラフマーン軍団は声明を出し、ダマスカス郊外県東グータ地方のアシュアリー農場一帯でシャーム解放委員会拠点に対して攻撃を加え、同地での支配地域を拡大したイスラーム軍が、対立関係を解消したはずのラフマーン軍団の拠点に対しても攻撃を加えたと発表、これを非難した。

ラフマーン軍団はまた、シャーム解放委員会が存在しない東グータ地方内の地域への進軍を行わない旨誓約したが、シャーム解放委員会との戦いをめぐってイスラーム軍との間に合意は成立していないと主張、イスラーム軍に対して、アイン・タルマー村一帯でのシリア軍によるラフマーン軍への攻撃を利するかたちで、アフタリース村、バイト・サワー村方面に進軍しないよう警告した。

クッルナー・シュラカー(8月8日付)が伝えた。

AFP, August 8, 2017、AP, August 8, 2017、ARA News, August 8, 2017、Champress, August 8, 2017、al-Hayat, August 8, 2017、Kull-na Shuraka’, August 8, 2017、al-Mada Press, August 8, 2017、Naharnet, August 8, 2017、NNA, August 8, 2017、Reuters, August 8, 2017、SANA, August 8, 2017、UPI, August 8, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク