イドリブ県ヒザーリーン村住民がアル=カーイダ系のシャーム解放委員会と和解(2017年8月9日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(8月9日付)によると、ヒザーリーン村の住民が、シャーム解放委員会との間で和解文書に署名した。

ヒザーリーン村では、シャーム解放委員会の退去を求めるデモが散発し、同委員会がこれを強制解除してきたが、和解文書では、委員会側が1週間以内にデモ参加者から奪った財産を返却、これに対して住民もシャーム解放委員会を含む反体制武装集団に反対するデモを行わないことが定められているという。

AFP, August 9, 2017、AP, August 9, 2017、ARA News, August 9, 2017、Champress, August 9, 2017、al-Hayat, August 10, 2017、Kull-na Shuraka’, August 9, 2017、al-Mada Press, August 9, 2017、Naharnet, August 9, 2017、NNA, August 9, 2017、Reuters, August 9, 2017、SANA, August 9, 2017、UPI, August 9, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク