ラッカ市でYPG主体のシリア民主軍とダーイシュの戦闘続く(2017年8月9日)

ラッカ県では、ARA News(8月9日付)、『ハヤート』(8月10日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がラッカ市の旧市街、ラウダ地区、、ズラト・シハーダ地区、バリード地区
でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、米主導の有志連合も同地を空爆し、アアマーク通信(8月9日付)によると、住民11人が死亡、15人が負傷した。

AFP, August 9, 2017、AP, August 9, 2017、ARA News, August 9, 2017、Champress, August 9, 2017、al-Hayat, August 10, 2017、Kull-na Shuraka’, August 9, 2017、al-Mada Press, August 9, 2017、Naharnet, August 9, 2017、NNA, August 9, 2017、Reuters, August 9, 2017、SANA, August 9, 2017、UPI, August 9, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク