イラクのアバーディー首相は、戦闘員退去を骨子とするヒズブッラーとダーイシュの停戦合意を「受け入れられない」と非難(2017年8月29日)

イラクのハイダル・アバーディー首相は、毎週定例のプレス向けのブリーフィングで、シリアのダマスカス郊外県西カラムーン地方およびレバノンのベカーア県バアルベック郡で活動を続けてきたダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員と家族のダイル・ザウル県方面への退去をヒズブッラーがダーイシュと交わしたことに関して、「その決定は受け入れられない。イラクにとっては拒否されるべきだ。イラクはダーイシュを排除しようとしているのではなく、完全に根絶しようとしている」と述べた。

AFP, August 29, 2017、AP, August 29, 2017、ARA News, August 29, 2017、Champress, August 29, 2017、al-Hayat, August 30, 2017、Kull-na Shuraka’, August 29, 2017、al-Mada Press, August 29, 2017、Naharnet, August 29, 2017、NNA, August 29, 2017、Reuters, August 29, 2017、SANA, August 29, 2017、UPI, August 29, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, レバノンの動き パーマリンク