イドリブ県でアル=カーイダ系組織シャーム解放委員会に参加する家族どうしが衝突し、9人死亡(2017年8月31日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(8月31日付)によると、タッルアーダ村の住民どうしが衝突し、9人が死亡、数十人が負傷した。

衝突したのは、タッルアーダ村の二つの家族(いずれもバルシャ家)で、いずれもアル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会に参加しているという。

ARA, August 31, 2017

AFP, August 31, 2017、AP, August 31, 2017、ARA News, August 31, 2017、Champress, August 31, 2017、al-Hayat, September 1, 2017、Kull-na Shuraka’, August 31, 2017、al-Mada Press, August 31, 2017、Naharnet, August 31, 2017、NNA, August 31, 2017、Reuters, August 31, 2017、SANA, August 31, 2017、UPI, August 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク