ロジャヴァはイラク・クルディスタン地域での住民投票に選挙監視員として派遣されていたシリア・クルド国民評議会2人のシリア再入国を認めず(2017年9月30日)

シリア・クルド国民評議会は声明を出し、イラク・クルディスタン地域の独立を問う住民投票の選挙監視団に参加していたシリア・クルド国民評議会の法務局メンバー1人と事務局メンバー1人がに、西クルディスタン移行期民政局支配下のシリア領内に帰国しようとした際、スィーマルカー国境通行所(ハサカ県)で、西クルディスタン移行期民政局アサーイシュによって入国を拒否されたと発表し、西クルディスタン移行期民政局を主導する民主統一党(PYD)の「恣意的で無責任な措置」だと批判した。

シリア・クルド国民評議会を主導するシリア・クルド民主党(アル・パールティ)アブドゥルハキーム・バッシャール派は、イラク・クルディスタン民主党と良好な関係にあるが、民主統一党とは対立している。

AFP, October 1, 2017、ANHA, October 1, 2017、AP, October 1, 2017、ARA News, October 1, 2017、Champress, October 1, 2017、al-Hayat, October 2, 2017、Kull-na Shuraka’, October 1, 2017、al-Mada Press, October 1, 2017、Naharnet, October 1, 2017、NNA, October 1, 2017、Reuters, October 1, 2017、SANA, October 1, 2017、UPI, October 1, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク