レバノン山地県カハーラ町で警察が民兵を組織し、シリア人難民を追放(2018年7月17日)

レバノンのジャディード・チャンネル(7月17日付)は、レバノン山地県アレイ市近郊のカハーラ町の警察が地元の若者を動員して民兵(自警団)を組織し、町内にあるシリア人難民の住居を夜襲し、武器で女性や子供を脅し、追放したと伝えた。

複数の難民によると、民兵は難民を侮辱、殴打し、町外に追放したという。

カハーラ町長は、事件へのコメントを拒否しつつ、「外国人労働者が午後9時から午前6時まで外出することを堅く禁じられている」と強調したという。

al-Durar al-Shamiya, July 17, 2018

 

AFP, July 17, 2018、ANHA, July 17, 2018、AP, July 17, 2018、al-Durar al-Shamiya, July 17, 2018、al-Hayat, July 18, 2018、Reuters, July 17, 2018、SANA, July 17, 2018、UPI, July 17, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き パーマリンク