シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構のジャウラーニー指導者がビデオ映像を通じてトルコの支援を受ける反体制派にアレッポ県で戦端を開き、共闘するよう呼びかける(2019年5月17日)

シリアのアル=カーイダと目され、イドリブ県を中心とする反体制派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)の軍事・治安権限を掌握するシャーム解放機構のアブー・ムハンマド・ジャウラーニー指導者の最新の映像がテレグラムを通じて公開された。

「シャイフ・アビー・ムハンマド・ジャウラーニーのシリア革命メディア関係者との会談の一コマ」と題された13分強の映像のなかで、ジャウラーニー指導者は「例えば、アレッポ県での作戦を開始すれば、我々を助けることはできる」と述べ、トルコの支援を受ける反体制派に対して共闘を呼びかけた。

また「我々の利益のため、敵を分散させ、新たな戦端を開こう」、「イドリブ県を守るため武器をとろう」と唱導した。

アレッポ県北部では、シリア・ムスリム同胞団系のシャーム軍団、アル=カーイダの系譜を汲むシャーム自由人イスラーム運動、そして「ユーフラテスの盾」作戦司令室、「オリーブの枝」作戦司令室として糾合していた諸々の武装集団が、トルコの支援を受けて国民軍の名で再編され、同地におけるトルコの実質占領を支えている。

一方、緊張緩和地帯において、トルコ軍の支援を受けてきた国民解放戦線は、シャーム解放機構との抗争に敗れ、2019年1月に主力がアレッポ県北部に退去したものの、多くの部隊が残留しており、4月30日にシリア・ロシア軍の攻撃が激化して以降は、シャーム解放機構、トルキスタン・イスラーム党、イッザ軍、さらには興のアル=カーイダ系組織フッラース・ディーン機構、アンサール・ディーン戦線、アンサール・タウヒード、アンサール・イスラーム集団からなる「信者を煽れ」作戦司令室と事実上共闘し、シリア軍に対峙している。

 

AFP, May 17, 2019、ANHA, May 17, 2019、AP, May 17, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 17, 2019、al-Hayat, May 18, 2019、Reuters, May 17, 2019、SANA, May 17, 2019、SOHR, May 17, 2019、UPI, May 17, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク