「革命のサヨナキドリ」ことアブドゥルバースィト・サールート氏の葬儀がイドリブ県で行われ、シリアのアル=カーイダも弔意を示す(2019年6月9日)

ハマー県タッル・ミルフ村一帯での戦闘で重傷を負い、8日に死亡したイッザ軍ヒムス・アディーヤ旅団司令官で「革命のサヨナキドリ」ことアブドゥルバースィト・サールート氏の葬儀が、トルコ国境に近いイドリブ県ダーナー市で執り行われた。

サールート氏の遺体は、ハマー県北部から一旦トルコのハタイ県レインハル市に移送されたのち、イドリブ県のバーブ・ハワー国境通行所を経由して再入国、母親や親戚、数十人の活動家の出迎えを受けた。

遺体は家族らとともに、サルマダー市を経由し、ダーナー市に運ばれ、市内にあるアブドゥッラフマーン・モスクで葬儀が行われた。

ドゥラル・シャーミーヤ(6月9日付)、ザマーン・ワスル(6月9日付)、オリエント・ニュース(6月9日付)などによると、レインハル市、バーブ・ハワー国境通行所では、シリア難民やトルコの住民数千人が遺体を出迎え、シリア革命のスローガンなどを連呼した。

また、トルコのイスタンブール市、ガジアンテップ市でもサールート氏を悼む集会が行われた。


なお、サールート氏の遺体はダーナー市に埋葬された。

**

イドリブ県を中心とする反体制派支配地域の軍事・治安権限を掌握し、イッザ軍と共闘関係にあるシャーム解放機構は声明を出し、サールート氏に弔意を示した。

 

AFP, June 9, 2019、ANHA, June 9, 2019、AP, June 9, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 9, 2019、al-Hayat, June 10, 2019、Orient News, June 9, 2019、Reuters, June 9, 2019、SANA, June 9, 2019、SOHR, June 9, 2019、UPI, June 9, 2019、Zaman al-Wasl, June 9, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク