ロシア合同連携センターとシリア国外難民帰還帰還調整委員会が合同会合を実施し、難民、避難民の帰還状況の進捗について報告(2019年6月10日)

ロシア合同連携センターとシリア国外難民帰還帰還調整委員会の合同会合が、ロシアの首都モスクワとシリア各地をテレビ会議システムで結んで開催され、難民、避難民の帰還状況の進捗についての報告が行われた。

会議には、ファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣、フサイン・マフルーフ地方行政・環境問題担当国務大臣、タラール・バラーズィー・ヒムス県知事、ロシア合同連携センター議長を務めるミハイル・ミズィンツェフ(Mikhail Mizintsev)上級大将(国家防衛管理センター長)、ロシア当事者和解調整センターのヴィクトール・クプチシン(Viktor Kupchishin)司令官らが出席した。

AFP, June 10, 2019、ANHA, June 10, 2019、AP, June 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 10, 2019、al-Hayat, June 11, 2019、Ministry of Defence of the Russian Federation, June 10, 2019、Reuters, June 10, 2019、SANA, June 10, 2019、SOHR, June 10, 2019、UPI, June 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク