米主導の有志連合は占領下に置くタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)で活動を続ける反体制武装集団の増強を決定(2019年7月6日)

ユーフラテス・ポスト(7月6日付)は、米主導の有志連合は、ヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)で活動を続ける反体制武装集団を増強するため、これらの組織への戦闘員入隊の窓口を開放する決定を下した、と伝えた。

現在、有志連合の占領下にある55キロ地帯では、革命特殊任務軍が活動を続けているが、今回の決定で新たな戦闘員が入隊した場合、彼らは有志連合の監督下に置かれ、ヨルダン領内でのパトロール活動にあたるという。

AFP, July 6, 2019、ANHA, July 6, 2019、AP, July 6, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 6, 2019、Euphrates Post, July 6, 2019、al-Hayat, July 7, 2019、Reuters, July 6, 2019、SANA, July 6, 2019、SOHR, July 6, 2019、UPI, July 6, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク