ダマスカス郊外県ドゥーマー市、ダルアー県フィキーア村で当局が住民や元戦闘員多数を拘束(2019年8月4日)

ダマスカス郊外県では、サウト・アースィマ(8月4日付)によると、東グータ地方のドゥーマー市タイスィール・ターハー地区で治安当局が多数の若者を拘束、市内の総合情報局に連行した。

拘束された若者のなかには、昨年4月にシリア政府との和解に応じていたイスラーム軍の元メンバーらも含まれているという。

**

ダルアー県では、ハウラーン自由人連合のフェイスブック/アカウント(HFL)によると、政治治安部がフィキーア村で多数の住民を拘束し、スワイダー県に連行した。

AFP, August 4, 2019、ANHA, August 4, 2019、AP, August 4, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 4, 2019、HFL, August 4, 2019、Reuters, August 4, 2019、SANA, August 4, 2019、Sawt al-‘Asima, August 4, 2019、SOHR, August 4, 2019、UPI, August 4, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク