マンビジュ軍事評議会報道官「安全地帯は地元部隊によって治安が維持されるべき」(2019年8月13日)

人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属するマンビジュ軍事評議会のシャルファーン・ダルウィーシュ報道官は、米・トルコがシリア北東部に設置を推し進めようとしている「安全地帯」に関して、「幅5キロになるとされる安全地帯は、地元の部隊によって治安が維持される必要がある」と述べた。

RT(8月13日付)が伝えた。

AFP, August 13, 2019、ANHA, August 13, 2019、AP, August 13, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 13, 2019、Reuters, August 13, 2019、SANA, August 13, 2019、SOHR, August 13, 2019、UPI, August 13, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク