トルコのエルドアン大統領「北東部の安全地帯に12の監視所を設置する」(2019年10月18日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、シリア北東部に対する侵攻作戦(「平和の泉」作戦)に関して、「トルコはシリア北部で計画中の「安全地帯」に12の監視所を設置することをめざしている」と述べた。

エルドアン大統領はまた「難民200万人が「安全地帯」で帰化できる…。これはダイル・ザウル市とラッカ市の人口に相当する」と付言するとともに、「シリア政府が過ちを犯せば、トルコは報復する」と強調した。

ロイター(10月18日付)が伝えた。

AFP, October 18, 2019、ANHA, October 18, 2019、AP, October 18, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 18, 2019、Reuters, October 18, 2019、SANA, October 18, 2019、SOHR, October 18, 2019、UPI, October 18, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク