シリア軍は米国が支配継続を試みるハサカ県最大規模のルマイラーン油田地帯に進駐(2019年11月6日)

ハサカ県では、ワタン・オンライン(11月6日付)などによると、シリア軍地上部隊が県北東部にある同地最大規模のルマイラーン油田地帯にあるムッラー・アッバース油田に進駐した。

進駐は、ロシア仲介によるシリア政府と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の合意に基づくもので、同地近くには米軍が展開していた。

米軍が同地から撤退したかどうかは不明。

AFP, November 6, 2019、ANHA, November 6, 2019、AP, November 6, 2019、al-Durar al-Shamiya, November 6, 2019、Reuters, November 6, 2019、SANA, November 6, 2019、SOHR, November 6, 2019、UPI, November 6, 2019、al-Watan Online, November 6, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク