トルコのエルドアン大統領「明日、イドリブ県で我々がとるであろうステップを発表する」(2020年2月11日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、フアド・エクタイ副首相、メヴリュト・チャヴシュオール外務大臣、フルシ・アカル国防大臣、ヤシャル・ギュレル参謀総長、ハカン・フィダン国家諜報機構(MİT)長官と首都アンカラで安全保障会議を開き、イドリブ県での戦況への対応について協議した。

アナトリア通信(2月11日付)などが伝えたところによると、会合ではイドリブ県、アレッポ県に展開するトルコ軍に対するシリア軍の攻撃が繰り返された場合、断固として対抗するとともに、緊張緩和地帯での戦闘阻止、国境地帯の安全確保、難民流入と人道危機発生阻止のためにシリア領内での部隊駐留を継続することが確認された。

エルドアン大統領は「シリア政府はイドリブ県でトルコ軍兵士を攻撃したことの大きな代償を支払うことになる…。我々はシリア側に最大級の報復を実行した。イドリブ県でも同じく実行した。だが、これで充分だとは思っていない。我々は報復を継続する」としたうえで、「明日、我々がとるであろうステップを発表する」と述べた。

AFP, February 11, 2020、Anadolu Ajansı, February 11, 2020、ANHA, February 11, 2020、AP, February 11, 2020、al-Durar al-Shamiya, February 11, 2020、Reuters, February 11, 2020、SANA, February 11, 2020、SOHR, February 11, 2020、UPI, February 11, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク