トルコ外務省報道官はシリア人民議会がアルメニア人大虐殺を認定する決議を採択したことを「虐殺の限りを尽くした体制の偽善と茶番」と非難(2020年2月14日)

トルコのハミ・アクソイ外務省報道官は、13日にシリアの人民議会が20世紀初頭のオスマン帝国でのアルメニア人大虐殺を認定する決議を採択したことに関して、「老若男女を問わずにありとあらゆる虐殺の限りを尽くし、何百万という人々を追い出し、化学兵器を使用することで知られている体制の偽善と茶番」と非難した。

AFP, February 14, 2020、ANHA, February 14, 2020、AP, February 14, 2020、al-Durar al-Shamiya, February 14, 2020、Reuters, February 14, 2020、SANA, February 14, 2020、SOHR, February 14, 2020、UPI, February 14, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク