トルコのエルドアン大統領「イドリブ県内のトルコ軍監視所は維持される」(2020年3月6日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、5日のロシアのヴラジミール・プーチン大統領との会談での停戦合意に関して、「国連安保理決議第2254号に従い、シリアの政治プロセスを活性化し、内戦を終わらせることが目的」だと述べた。

また、シリア国内に設置されているトルコ軍監視所については、「現在の場所で維持され、今のところ、この点に関していかなる変化もない…。シリア政府やテロ組織から攻撃に対して警戒態勢にある」と付言した。
アナトリア通信(3月6日付)が伝えた。

なお、「春の盾」作戦開始と同時に、決定された欧州へのシリア難民の移動阻止解除については変更はないという。

AFP, March 6, 2020、Anadolu Ajansı, March 6, 2020、ANHA, March 6, 2020、AP, March 6, 2020、al-Durar al-Shamiya, March 6, 2020、Reuters, March 6, 2020、SANA, March 6, 2020、SOHR, March 6, 2020、UPI, March 6, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク