シャーム解放機構支配下のイドリブ県各所でロシア・トルコの停戦合意を拒否するデモ(2020年3月6日)

イドリブ県では、シリア人権監視団やドゥラル・シャーミーヤ(3月6日付)によると、シャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ市、カフルタハーリーム町、ダルクーシュ町、ハーリム市、カッリー町などで金曜日の集団礼拝の後に抗議デモが行われ、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領による停戦合意拒否、シリア・ロシア軍の侵攻反対、国内避難民(IDPs)の発生非難、体制打倒、反体制武装集団支持、「シリア革命」実現が訴えられた。

AFP, March 6, 2020、ANHA, March 6, 2020、AP, March 6, 2020、al-Durar al-Shamiya, March 6, 2020、Reuters, March 6, 2020、SANA, March 6, 2020、SOHR, March 6, 2020、UPI, March 6, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク