北・東シリア自治局は外出禁止令の期間を15日間と定める(2020年3月23日)

北・東シリア自治局は声明を出し、新型コロナウィルス感染防止策として3月23日に発効した外出禁止令の期間を15日に定めるとしつつ、必要に応じて延期する可能性があると発表、支配地の住民に対して、自治局が発表する決定を遵守するよう呼びかけた。

**

北・東自治局の内務委員会(内務省に相当)のアリー・ハッジュー共同議長は声明を出し、新型コロナウィルス感染防止策として23日に発効した外出禁止令に関して、実施状況が80%以上に達していると発表した。


AFP, March 23, 2020、ANHA, March 23, 2020、AP, March 23, 2020、al-Durar al-Shamiya, March 23, 2020、Reuters, March 23, 2020、SANA, March 23, 2020、SOHR, March 23, 2020、UPI, March 23, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク