フール・キャンプに収容されていたダーイシュの妻たちがシャーム解放機構支配下のイドリブ県に密送(2020年7月30日)

反体制系サイトのユーフラテス・プレス(7月30日付)は、北・東シリア自治局支配下のハサカ県フール・キャンプに収容されているダーイシュ(イスラーム国)メンバーの妻たちが、シャーム解放機構主導の反体制派の支配下にあるイドリブ県に密送されていると伝え、その映像を公開した。

同サイトによると、密送は、フール・キャンプから、トルコ占領下の「ユーフラテスの盾」地域と北・東シリア自治局の支配地域が接するアレッポ県北東部のアウン・ダーダート村の通行所を経由して行われており、女性らの移送にはシリア軍も関与しているという。

公開されたビデオでは、女性の1人が流ちょうなアラビア語で「ロシア国籍を持つ2人組に連れられてイドリブ県に入った」、「私たちはアブー・ルカイヤの車に乗ってきた」などと述べている。

アブー・ルカイヤとは彼女らの密送を手引きした密輸業者だと思われる。

AFP, July 31, 2020、ANHA, July 31, 2020、AP, July 31, 2020、al-Durar al-Shamiya, July 31, 2020、Euphrates Post, July 20, 2020、Reuters, July 31, 2020、SANA, July 31, 2020、SOHR, July 31, 2020、UPI, July 31, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フール・キャンプに収容されていたダーイシュの妻たちがシャーム解放機構支配下のイドリブ県に密送(2020年7月30日)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Delicious にシェア
Digg にシェア
Facebook にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
email this
LINEで送る
Pocket

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク