欧州評議会は、第2次アルヌース内閣の新閣僚7人を制裁対象に加えたと発表(2020年10月16日)

欧州評議会は報道声明を出し、8月30日に発足した第2次フサイン・アルヌース内閣の新閣僚を制裁対象に加えたと発表した。

新たに制裁対象となった閣僚は以下の通り:

  • タラール・バラーズィー国内通商消費者保護大臣
  • ルバーナ・ムシャウウィフ文化大臣
  • ダーリム・タッバーア教育大臣
  • アフマド・アワド・サイイド法務大臣
  • タンマーム・ムハンマド・ラアド水資源大臣
  • カナーン・ヤーギー財務大臣
  • ズハイル・ムスタファー・ハズィーム運輸大臣

 

AFP, October 16, 2020、ANHA, October 16, 2020、al-Durar al-Shamiya, October 16, 2020、EUR-Lex, October 16, 2020、Reuters, October 16, 2020、SANA, October 16, 2020、SOHR, October 16, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.