イスラエル軍報道官は占領下のゴラン高原で仕掛け爆弾を発見、シリアの責任を追及(2020年11月17日)

イスラエル軍のアヴィハイ・アドライ報道官はツイッターのアカウント(https://twitter.com/avichayadraee)で、シリア政府の実効支配地域とを隔てる境界線(B-Line)に近い占領下のゴラン高原南部で、仕掛け爆弾複数発を発見し、工兵部隊がこれを解除したと発表した。

アドライ報道官はそのうえで、「イスラエル軍は、シリアの体制には、同国領内からのすべての破壊行為、そしてイスラエルの主権に抵触するあらゆる試みを黙認することの責任があるとみなしている」と非難した。

 

AFP, November 17, 2020、ANHA, November 17, 2020、al-Durar al-Shamiya, November 17, 2020、Reuters, November 17, 2020、SANA, November 17, 2020、SOHR, November 17, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.