米軍はシリア軍兵士1人が死亡した2020年8月のハサカ県タッル・ザハブ村近くでの戦闘に関連して米軍兵士1人を命令違反などで起訴(2021年4月30日)

アーミー・タイムズ(4月30日付)は、2020年8月にハサカ県タッル・ザハブ村近くで発生した米空挺部隊とシリア軍と戦闘に参加した第82空挺師団(ノースカロライナ州フォートブラッグ)に所属する兵士1人が起訴されていたと伝えた。

起訴されたのは、第73騎兵連隊第1中隊ブラックホース部隊所属のロバート・ニコソン一等軍曹。

ニコソン一等軍曹は、2020年8月17日にシリア軍の検問所で発生した約10分間の銃撃戦時に行われた2件の命令違反、2件の危険な行為2件、1件の通信による脅迫、3件の司法妨害で、4月に起訴されていた。

この銃撃戦では、シリア軍兵士1人が死亡、2人が負傷したが、米軍側に犠牲者はなかった。

銃撃戦の一部はビデオで撮影されていたが、それがどのように始まったかは記録されていなかった。

有志連合の当局者によると、シリア軍が米軍車輌の通過を認めた後、検問所近くで複数の個人から小火器による発砲を受け、自衛のために応戦したという。

AFP, April 30, 2021、ANHA, April 30, 2021、Army Times, April 30, 2021、al-Durar al-Shamiya, April 30, 2021、Reuters, April 30, 2021、SANA, April 30, 2021、SOHR, April 30, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.