月別アーカイブ: 2011年3月

2011年3月11日のシリア情勢

SANAが政治犯釈放の恩赦に関する報道を否定したことを受けるかたちで、20人以上政治犯の家族が声明を出し、3月16日(水曜日)、内務省を訪問し、家族の釈放を求めると発表。 同声明には、ハーリド・ミスリー、ムハンマド・バー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

2011年3月10日のシリア情勢

SANAは、バッシャール・アサド大統領が2011年3月8日政令第35号を発し、政治犯に対する恩赦を決定したとウェブサイトで報じるが、その後まもなく同ページを削除する。なお2011年3月8日政令第35号はその後、徴兵期間の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

2011年3月8日のシリア情勢

シリアの12の人権団体が共同声明を出し、非常事態令・戒厳令の解除、政治的理由に基づく逮捕の停止、政治犯、言論犯、良心犯の釈放、政党法の制定、協会法の改正による市民社会の活性化を要求。 非常事態令はハーリド・アズム内閣が制 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

2011年3月7日のシリア情勢

ハイサム・マーリフ弁護士、アンワル・ブンニー弁護士ら人権活動家13人が、収監中のサイドナーヤー刑務所(ダマスカス郊外県)で、シリアでの「弾圧」停止を求めてハンストを開始。またこの動きに合わせるかたちで、シリア人権委員会が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

2011年3月6日のシリア情勢

シリア人ブロガーのカリーム・アラブジー氏が訪問先のベイルートで死亡。死因は不明。アラブジー氏は2007年6月にウェブ上で(反体制)フォーラムを運営し、「虚偽の情報を発信」した容疑で軍事情報局に逮捕され、2009年9月13 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

2011年3月5日のシリア情勢

弁護士組合アレッポ支部大会でラジャー・ナースィル弁護士(アラブ社会主義連合民主党)は、「改革実現において時間は非常に重要だということを我々は知っている。今日は必要で許されることが、明日には手遅れになり、別の出来事が発生し … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

2011年3月3日のシリア情勢

『クッルナー・シュラカー』のアイマン・アブドゥンヌール編集長は声明を出し、「(シリア)社会は民主制に移行する準備ができており、一部の人々が言うような混乱は発生しないだろう…。そのうえで、すべての社会階層の参加を保障し、1 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

2011年3月2日のシリア情勢

イスラーム民主無所属潮流のメンバーで、反体制デモを唱導したとして2月4日に逮捕されていたガッサーン・ナッジャール氏が声明を出し、フェイスブックを通じてデモ(怒りの日)参加を国民に呼びかけていないと容疑を否認。 (C)青山 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

2011年3月1日のシリア情勢

『クッルナー・シュラカー』(3月1日付)によると、シリア関係当局は全国各地でさまざまな階層を対象に世論調査を実施し、国内での改革の必要性や優先順位、そしてアラブ諸国での政変に関する意見を聴取。 ** SANAは、28日に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする