月別アーカイブ: 2012年10月

2012年10月11日のシリア情勢

国内の暴力 イドリブ県では、『ハヤート』(10月12日付)など各紙が、複数の活動家・目撃者の話として、反体制武装勢力がマアッラト・ニウマーン市に近いダマスカス・アレッポ街道を約5キロにわたって制圧した、と報じた。 また反 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2012年10月10日のシリア情勢

シリア政府の動き シリア外務在外居住者省のジハード・マクディスィー報道官は記者会見で、潘基文国連事務総長に対して書簡を送り、そのなかで武装集団に資金・武器支援、教練を行っている国の活動停止を遵守させるための使節団を派遣す … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2012年10月9日のシリア情勢

国内の動き アサド大統領は2012年法令第358号を発し、サッターム・ジャドアーン・ダンダフを駐イラク大使に任命、同日中に認証式を行った。 ** 進歩国民戦線加盟政党による「政治対話と国民和解は治安と安定回復への我々の道 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2012年10月8日のシリア情勢

シリア政府の動き 『ハヤート』(10月8日付)はインターネット版速報で、リヤード・ハッダード駐露シリア大使が、ヒムス県で反体制武装勢力がフサーム・アサド(大統領の甥)を拘束したとの報道を否定した、と報じた。 ** 『クッ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2012年10月7日のシリア情勢

国内の暴力 ダマスカス郊外県では、SANA(10月7日付)によると、軍・治安部隊がクドスィーヤー市、ハーマ町で反体制武装勢力の「浄化」を完了した。 一方、シリア人権監視団によると、軍によって射殺された男の遺体10体が発見 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2012年10月6日のシリア情勢

シリア政府の動き アサド大統領は、第4次中東戦争戦勝記念日に合わせて、カシオン山中腹にある無名戦士廟を訪れ、献花した。 ファフド・ジャースィム・フライジュ国防大臣ら、軍幹部が同行した。 ** ファフド・ジャースィム・フラ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2012年10月5日のシリア情勢

国内の暴力 ダマスカス郊外県では、各紙によると、反体制武装勢力が、グータ地方で空爆を行っていたシリア空軍のヘリコプターを撃墜、サクバー市に墜落した。 シリア革命総合委員会によると、ヘリコプターに乗っていた兵士(4人)が墜 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2012年10月4日のシリア情勢

シリア政府の動き シリアの外務在外居住者省は、国連安保理議長と事務総長に書簡を送付、そのなかでアレッポ市での同時爆破テロの被害およびアル=カーイダの一派であるシャームの民のヌスラ戦線の犯行だったことを報告、国際社会に対し … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2012年10月3日のシリア情勢

アレッポ市での連続爆破テロ アレッポ県では、SANA(10月3日付)によると、アレッポ市内で反体制武装勢力が3件の爆弾テロが発生し、34人が死亡、122人が負傷した(内務省発表)。 内務省によると、最初のテロは、サアドゥ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

2012年10月2日のシリア情勢

シリア政府の動き シリアの人民議会を代弁する国営紙『サウラ』(10月2日付)は社説で、エジプトのムハンマド・ムルスィー政権に関して、「知性が欠けており、アラブの国家安全保障を破壊しようとしている」と批判した。 ** SA … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

2012年10月1日のシリア情勢

シリア政府の動き ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣が国連総会で演説した。演説における主な発言は以下の通り。 「我が国は1年半にわたり体系的なテロに直面し、それは国民、人的・知的スタッフ、国家機関、そして歴史的史跡に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする