シリア政府の動き(2014年6月28日)

アサド大統領はシリアを訪問中のセルゲイ・リバコフ外務副大臣と会談し、6月のシリア大統領選挙、化学兵器破棄プロセス、「テロとの戦い」などについて意見を交わした。

SANA, June 28, 2014

SANA, June 28, 201460

リバコフ外務次官は会談後、「地域諸国においてテロを広める集団の試みに対してロシアは手をこまねいたりはしない」としたうえで、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)の活動に関して「問題はイラクにおいてきわめて危険だ。イラク国家の基礎にとって脅威だ…。問題は真の国民対話なくして解決し得ない」と述べた。

また米国によるシリアの「穏健」な反体制武装集団への軍事支援については「この手の政策は受け入れられない。シリアでの関係正常化を促すような責任ある姿勢をとることが、米国を含むみなにとっての利益になる」と述べた。

SANA(6月28日付)などが伝えた。

AFP, June 28, 2014、AP, June 28, 2014、ARA News, June 28, 2014、Champress, June 28, 2014、al-Hayat, June 28, 2014、Kull-na Shuraka’, June 28, 2014、al-Mada Press, June 28, 2014、Naharnet, June 28, 2014、NNA, June 28, 2014、Reuters, June 28, 2014、SANA, June 28, 2014、UPI, June 28, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク