シリア国内の暴力:ダルアーで「自由シリア軍=ヌスラ戦線」がシリア軍と交戦(2014年11月6日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シャイフ・マスキーン市で、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団とシリア軍、国防隊が交戦、シリア軍が同市、ダーイル市、イブタア町などを「樽爆弾」などで空爆・砲撃した。

これに関して、ドゥラル・シャーミーヤ(11月6日付)は、「自由シリア軍」が進軍を遂げたと報じた。

 

またARA News(11月7日付)によると、シャイフ・マスキーン市での戦闘で殉教者ムハンマド・カスィーム・シャルア大隊(自由シリア軍)のアンマール・ムハンマド・イスマーイール・ハリーリー司令官が死亡した。

一方、SANA(11月6日付)によると、ナダー村・サマーキヤート村間、シャイフ・マスキーン市、イブタア町、ヌアイマ村、タイバ町、アトマーン村西部、ダルアー市旧税関地区で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区で、シリア軍、国防隊がジハード主義武装集団と交戦、ジハード主義者2人を殺害した。

一方、SANA(11月6日付)によると、ジャウバル区で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ハーン・シャイフ・キャンプ一帯などで、シリア軍、国防隊がジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(11月6日付)によると、フーシュ・ファーラ村、フーシュ・ナスリー村、マイダアー村周辺、ドゥーマー市東部、アーリヤ農場、アルバイン市、ザマルカー町、ハラスター市郊外、バズィーナ村、ハティータト・ジャルシュ町、ザブディーン村、ダーライヤー市、カーラ市郊外無人地帯で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、外国人戦闘員、シャームの民のヌスラ戦線を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、アブー・フバイラート村、ハマーダト・ウマル村、アトシャーン村をシリア軍が空爆、またハマー市内各所で複数の民間人を逮捕した。

一方、SANA(11月6日付)によると、サイヤード村、アービディーン村、ラターミナ町、カフルズィーター市、アブー・フバイラート村、アイドゥーン村、南カスタル村で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ハーン・シャイフーン市、マアッラトミスリーン市、ムーカー村、マアッラト・ヌウマーン市をシリア軍が空爆した。

一方、SANA(11月6日付)によると、シリア軍が、マアッラト・ヌウマーン市、ナフリヤー村、ファイルーン村、サラーキブ市、ラーミー村、クーリーン村、マドリーフ村、ブカフルーン村郊外、トゥルア村、アルマラー村、アブー・ズフール町、ハーン・シャイフーン市、ハーン・スブル村、マアッラトミスリーン市、ワーディー・ダイフで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーラ・イッザ市、バービース村、サイファート村をシリア軍が空爆・砲撃する一方、ジハード主義武装集団もカフルサギール村、シャイフ・ナッジャール工業団地地区第3区画などを砲撃した。

またアレッポ市カルム・タッラーブ地区、アーミリーヤ地区で、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がアンサール・ディーン戦線と交戦した。

一方、SANA(11月6日付)によると、ダーラ・イッザ市、アレッポ市アーミリーヤ地区、タッル・ザラーズィール地区、ラーシディーン地区、シャッアール地区で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(11月6日付)によると、フーシュ・ターリブ村、ガントゥー市、タルビーサ市、ザーラ村西部、ラスタン市、ウンム・サフリージュ村、西ガルビー村、アルヌーシャ村、マフーヌ村、ジャズル村、ラスム・サワーナ町、ハワヤーニーヤ村、フワイスィース村、カーラート・タヒーン村、ファースィダ村、ドゥワイズィール村、ダルウィーシーヤ村、ジバーブ・ハマド村、ラスム・ガーバ村、ウカイリバート北部、ハルバー村郊外、バスィーラ村、ムシャイリファ村、ラウド・ワフシュ村で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(11月6日付)によると、フサイニーヤ町南部農村地帯で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、SANA(11月6日付)によると、ラタキア市郊外南ラムル地区で、治安部隊が住民の協力のもと、テロ細胞を摘発した。

SANA(11月6日付)によると、ハマー県、ダマスカス郊外県で、地元和解プロセスの一環で治安当局に投降していた元反体制武装集団メンバー154人が放免となり、釈放された。

AFP, November 6, 2014、AP, November 6, 2014、ARA News, November 6, 2014、November 7, 2014、Champress, November 6, 2014、al-Durar al-Shamiya, November 6, 2014、al-Hayat, November 7, 2014、Kull-na Shuraka’, November 6, 2014、al-Mada Press, November 6, 2014、Naharnet, November 6, 2014、NNA, November 6, 2014、Reuters, November 6, 2014、SANA, November 6, 2014、UPI, November 6, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク