諸外国の動き:ケリー国務長官、爆撃はアサド政権に資さないと強調(2014年11月19日追記)

ジョン・ケリー米国務長官は、国務省のフェイスブックのアカウントでシリア情勢に関して「シリアでのイスラーム国への空爆は逆の効果をもたらし、独裁者(アサド政権)に資すると考えている者がいる…。しかしこうした考え方はシリアの政治情勢を読み違えたものだ」とのコメントを伝えた。

**

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はアフリカ諸国歴訪に先立ってアンカラ国際空港で記者団に対して、米国など有志連合は「我々が要請した何らの措置も講じてない」と批判した。

またエルドアン大統領は、シリアの「穏健な反体制派」への教練に関して、「当事者は教練計画に関して何らの最終的な措置も講じていない」と付言した。

**

国連総会第3委員会は、シリア、イラクでのダーイシュ(イスラーム国)とシリアでのアサド政権の人権侵害を非難する決議案(サウジアラビア提出)を賛成125、反対13(中国、ロシア、イラン、北朝鮮など)、棄権47で採択した。

AFP, November 19, 2014、AP, November 19, 2014、ARA News, November 19, 2014、Champress, November 19, 2014、al-Hayat, November 20, 2014、Kull-na Shuraka’, November 19, 2014、al-Mada Press, November 19, 2014、Naharnet, November 19, 2014、NNA, November 19, 2014、Reuters, November 19, 2014、SANA, November 19, 2014、UPI, November 19, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク