レバノンの動き:ヌスラ戦線が拘束する人質の解放条件をダーイシュが提示(2014年11月19日)

MTV(11月19日付)は、シリアのカラムーン地方(ダマスカス郊外県)のシリア筋の話として、ダーイシュ(イスラーム国)が、シャームの民のヌスラ戦線によって拘束されているレバノン軍兵士・治安部隊隊員を、ルーミヤ政治刑務所に収監されているジハード主義武装集団の釈放を条件に解放するとの姿勢を示している、と報じた。

AFP, November 19, 2014、AP, November 19, 2014、ARA News, November 19, 2014、Champress, November 19, 2014、al-Hayat, November 20, 2014、Kull-na Shuraka’, November 19, 2014、al-Mada Press, November 19, 2014、MTV, November 19, 2014、Naharnet, November 19, 2014、NNA, November 19, 2014、Reuters, November 19, 2014、SANA, November 19, 2014、UPI, November 19, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク