人権団体発表:シリア人権ネットワークがシリア総人口の半分が避難民(2014年11月28日)

反体制組織のシリア人権ネットワークは、2011年3月以降の国内外避難民の数がシリアの総人口(約2,000万人)の半分以上に相当する1,233万人に達したと発表した。

うち国外避難民の数は583万5,000人で、この数値は国連に難民登録している避難民(約250万人)の倍。

また子供は660万人にのぼる、という。

シリア人権ネットワークの発表は、ダーイシュ(イスラーム国)、シャームの民のヌスラ戦線による暴力の被害を加算せずに死傷者数を発表するなど著しい偏向が見られる。

AFP, November 28, 2014、AP, November 28, 2014、ARA News, November 28, 2014、Champress, November 28, 2014、al-Hayat, November 29, 2014、Kull-na Shuraka’, November 28, 2014、al-Mada Press, November 28, 2014、Naharnet, November 28, 2014、NNA, November 28, 2014、Reuters, November 28, 2014、SANA, November 28, 2014、UPI, November 28, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク